株式会社ぺいじず

2015.05.25

ウェブサイト 英語版

イタリアで[ゼンパスタ] が人気のようです。

こんにゃくのしらたきを乾燥させた、乾燥白滝[ゼンパスタ]は、
イタリアの健康ブームにのって、カロリーも低く、
パスタに食感も似ていて大人気だそうです。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

[和食]が、ユネスコ無形文化遺産登録され、
日本人が知らないところで、世界が、日本に注目しています。

これは、間違いなく、2020東京オリンピックに向けて
多くの外国人が、日本を訪問することになるでしょう。

ウェブサイト と 外国人

さて、多くの外国人が、日本を訪れることになると
皆さんのホームページ、ウェブサイトは、それに対応していますでしょうか。

一方、外国から、皆さんのホームページ、ウェブサイトを
閲覧している人がいますが、皆さんのウェブサイトは、
それに対応していますでしょうか。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

先ず、皆さんのウェブサイト、
海外からのアクセスが、現在、どの程度あるか
調べてみましょう。

Google Analytics

無料で使えるGoogle Analytics を利用して、
海外からのアクセスを調べてみましょう。

但し、Google Analyticsでは、
ロボットやスパイダーのヒットをフィルタリングする
オプションがありますので、必ず設定してください。

ロボットを除外することにより、
本当の人間によるアクセスだけを調べることができます。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

さて、外国人向けのウェブサイトを構築する手順は、
次のようになります。

英語版の場合は・・・・

 

 ウェブサイト 英語版

最近、日本語版のホームページを、英語版にしたいとの
ご相談が多くなってきました。

皆さん、気にかかるのが、費用です。

日本語を英語に翻訳すると
[日本語1文字あたり 15円から30円] かかります。
日本人が訳した場合と、ネイティブが訳した場合とでは、
費用が違ってきます。

また、専門用語が多くある場合は、費用が上がります。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

次に・・・

翻訳が、完成すると、それをウェブサイトの画面に入れながら
HTMLを作成していきます。

ここで、問題になるのが、画面デザインです。

文字の長さが、日本語と英語では、違うので、
そのまま、画面の中で、置き換えることができないことが
あります。
また、外国人を意識した、画面デザインも重要です。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

さらに、問題になるのが、その後の更新作業です。
日本語サイトを修正・追加すると、それに伴って
英語サイトの方も、翻訳・サイトの更新作業が発生します。

更新頻度が、多いサイトの場合、
CMS[Content Management System]をご利用になることをお勧めします。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

さらに、英語対応だけではなく、フランス語、イタリア語
中国語、タイ語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語などなど、
色々な国への対応を考えると大変です!!

どうしましょうか・・・ !?

もしも、多くの多言語化をお考えの場合は、
自動翻訳システムを利用する方法があります。

 

Google Translate API

トヨタ自動車は、夢のクルマをテーマにした
子供の絵コンテストのウェブサイトで、
自動翻訳 [Google Translate API]を利用し、
世界の国・地域に公開しています。

http://www.dreamcar-of-the-day.com

早速、アクセスしてみてください。

画面、右上のメニューボタンを押すと、
言語を選択することができます。
なんと、64の言語を選択できます。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

自動翻訳ASPサービスは、現在、色々なサービスがあります。
翻訳の精度もよくなっていますし、
費用も、かなり安くなってきています。
場合によっては、自動翻訳を検討することをお勧めします。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

ホームページ、ウェブサイトの英語版、多言語化をご検討の方は、
是非、PAGESへお声をお掛け下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事