株式会社ぺいじず

2016.10.21

wordデータを3秒でHTML化!ちょっぴり便利なWebツールをご紹介

今回は、WordデータからWebコンテンツを作成する際に、ちょっぴり役に立つWebツールをご紹介します。

通常、WordデータからWebコンテンツを作成する場合、テキストデータのみをWordからコピペしてHTMLを作成します。
word文章をそのままコピペしたり、web用に別名保存したhtmlデータを利用しようにも、不要・冗長なタグが含まれていてまず使い物になりませんよね。

しかし、これから紹介する無料のwebツールを使えば、無駄なタグが取り除かれた見出し、リスト、表等の要素ごとhtmlデータをWordからコピペすることができます。

Webツール「Convert Word documents to Clean HTML」

https://word2cleanhtml.com/

ブラウザ上で利用するツールだから使い方は簡単

まずはWordをコピー

WS000010.png

「Convert Word documents to Clean HTML」にペーストし、ボタンをクリック

WS000015.png

一瞬でHTMLタグに変換

WS000012.png
これをコピペすればOK!

Viewでプレビューを見ることも可能

WS000013.png
要素だけ抽出できるので、cssでwordとは別デザインでレイアウトできます。
完全に意図通りのhtmlを生成するとは限りませんが、無駄なタグが取り除かれるだけでも使う価値アリです!

Dreamweaverでも同様の機能があるが…

上記のようなWordタグを取り除く機能は、Dreamweaverにもあります。
ただしその方法は、慣れていない人にとっては少々面倒に感じるかもしれません。
手順は下記のとおり

Wordファイルをhtml保存

1. Wordファイルを開く
2. [ファイル]-[名前をつけて保存]を実行する
3. ファイルの種類で「Webページ(フィルター後)」を選択して保存する

Dreamweaverで「WordHTMLのクリーンアップ」を実行

1. Dreamweaverでhtml化したファイルを開く
2. [コマンド]-[WordHTMLのクリーンアップ]を選択する
3. 「WordHTMLのクリーンアップ」ウィンドウで[OK]ボタンをクリックする
4. 確認ウィンドウで[OK]ボタンをクリックする


HTML化後のソースを比較してみると

Wordファイルをhtml保存したソース

Dreamweaverで「WordHTMLのクリーンアップ」を実行したソース

「Convert Word documents to Clean HTML」のソース

まとめ

ある程度細分化された構造を持つHTMLページを作成するには、classタグが残っていたほうが便利ですが、シンプルな構造のHTMLページを作成するのならば「Convert Word documents to Clean HTML」の利用が断然便利です!一度試してみてはいかがでしょう

Convert Word documents to Clean HTMLDreamweaver「WordHTMLのクリーンアップ」
使用者誰でも使えるDreamweaver所持者しか使えない
手軽さ
タグ除去構造タグしか残らない一部のclassタグ、spanタグは残る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業26年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。