株式会社ぺいじず

2016.04.24

UI/UX見直しが急務!スマホユーザー対応のデザインへ

スマホの利用者が、どんどん拡大していく中で
PC WebサイトのUI/UXの見直しが急務になってきました。

UI(User Interface)とは、Webサイトを操作する際の画面表示やメニューに
表示される言葉など、情報の表示様式操作感のことです。

UX(User Experience)は、Webサイトを利用した時に得られる体験全般の
ことを指し、個別の機能や使いやすさだけでなく、ユーザーが利用したときに
得られる利用体験満足感のことです。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

スマホユーザがPCサイトを利用する時、使いにくいと感じる操作に
メニューやページ遷移があります。

スマホのスワイプ操作

スマホのユーザは、「スワイプ」で画面遷移することに慣れています。
そのため、PCサイトのメニューや、ページ遷移による
リンクナビゲーションは、使いにくくストレスを感じています。
その結果、次のページに遷移することなく、サイトから離脱する
ケースが多くなっています。

その対策として、「無限スクロール」を利用し、
ページ遷移することなく多くのコンテンツを表示し、
サイトの滞在時間を長くし、関連コンテンツを次々に表示する方法で、
UI/UXを向上することができます。

無限スクロール

無限スクロールとは、1つのページ下までスクロールしたら、
Ajaxで、2つ目のページを自動的に読み込み下に表示させていきます。
次に3つ目と・・・・自動的に繰り返していけば、無限スクロールと
なります。

ヤフー株式会社のサイトが、無限スクロールになっています。

無限スクロールを利用すれば、
ページ遷移で画面を切り替える手間とストレスが無くなり
ユーザにとって、使いやすいUI/UXを実現できます。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

一方、無限スクロールで重要なのは、表示速度です。
スクロールにあわせて、表示がスピーディでなければ、
ユーザが、ストレスを感じてしまいます。
その為、2つ目のページを、事前に読み込み表示させる方法もあります。

また、SEOを考慮して、読み込みのページにあわせてURLを変える方法も
あります。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

今回、UI/UXデザインの一つとして、無限スクロールをご紹介しました。

UI/UXデザインをご検討の方は、
是非、PAGESへお声をお掛け下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事