株式会社ぺいじず

2021.06.17

Movable Type と PowerCMS の違いを CMS エンジニアの経験から説明します

Movable Type と PowerCMS の違いは、
基本的にはプラグインがデフォルトで入っているかいないかですが、
よく利用する機能などの差分をご紹介いたします。

Movable Type 項目 PowerCMS
ソフトウェア版:99,000円(税込)~

クラウド版:月額 5,500円(税込)~
初期費用:なし
価格 ソフトウェア版:330,000円(税込)~

クラウド版:月額 33,000円(税込)~
初期費用:660,000円(税込)~
Movable Type 6(EOL 2022/5/16)
Movable Type 7
ベース Movable Type 6
最低限
※要件的にサポートつきのプラグインしか利用できない場合は厳しい
プラグイン デフォルトでたくさん用意されている
あり コンテンツタイプ なし
※カスタムオブジェクトで代用
右記はない
※コンテンツタイプには同等の機能あり
カスタムフィールド チェックボックス (複数選択)
ブログ記事の選択
ウェブページの選択
などもある
AND, OR, NOT は利用できない
eq 検索
※MTIf タグで代用
カスタムフィールドによる絞り込み MTSearchEntryField ブロックタグで AND, OR が利用できる
like 検索
記事のみ
※プラグインで拡張
一括インポート 記事
ウェブページ
カテゴリ
カスタムフィールド
画像
など
Movable Type 形式
など
※プラグインで拡張
一括インポート形式 PowerCMS 形式
CSV 形式
HTML 形式
など
なし
※プラグインで拡張
ワークフロー あり
ソフトウェア版:なし
※プラグインで拡張

クラウド版:あり
※ファイル指定はプラグインで拡張
ステージング機能 あり
※ファイル指定はプラグインで拡張

極論を言えば、Movable Type でもプラグインを追加しまくれば同じ機能は実装できるのですが、サポートがないプラグインも多々あるので、要件次第になります。

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業30年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。