株式会社ぺいじず

2020.09.16

サイトリニューアルの事前調査:全ページチェックの方法

今回は前回記事「サイトリニューアルの事前調査:全ページリスト作成方法」で作成した全ページリストを利用して、全ページチェックの方法と便利なツールをご紹介いたします。

全ページチェックの準備

全ページチェックはウェブブラウザで行います。チェック対象ページが大量の場合は、以下の方法で効率的にチェックするための準備をします。

【1】Chrome の拡張機能「Copy All URLs」を追加

Copy All Urls – Chrome ウェブストア

「Copy All URLs」はURLリストを一括で開くツールです。
今開いているタブのURLをすべてコピーすることもできます。

【2】全ページリストの「URL」列をまとめてコピー

前回の記事で作成した全ページリストの「URL」列をまとめてコピーします。

・ディレクトリごとにコピーすると分析しやすいです。
・あまりに多いと開くのに時間がかかるので、最大50件くらいがよいでしょう。

【3】ブラウザでURLを一括展開

「Copy All URLs」の傘アイコンをクリックし、「Paste」ボタンをクリックします。
手順【2】でコピーしたURLが一括で開きます。

※チェック後にタブ閉じるときはマウスジェスチャー やショートカット(Ctrl + w)を利用して効率的に閉じましょう。

マウスジェスチャーの拡張機能
crxMouse Chrome™ Gestures – Chrome ウェブストア

全ページチェックのポイント

主なチェック項目

・作業対象かどうか
・想定されるテンプレートの数
・イレギュラーのもの
・日英ページ
・表の複雑さ
・画像の数

必ず全員でチェックする

全員というのは、営業、デザイナー、コーダー、etc…できればクライアントも含めサイト構築に関わるすべての人です。
これにより問題を共有できます。

1ページ5~10秒で終わります。
500ページのサイトなら1時間程度で終わります。

全員が参加するのは難しい場合は、見積もる人、デザイナー、コーダー(CMSが絡む場合はCMSエンジニア)が最低でも1人ずつ参加するようにしましょう。

必ず全ページチェックする

新着情報などの大量ページは省略したくなりますが、むしろ大量ページこそ明確なコーディングルールを作成しなければならないので、全ページチェックする必要があります。

また全ページチェックすることで、難易度を見誤ることが少なくなり、適切な見積・スケジュール・人員確保ができます。

「彼を知り己を知れば、百戦して殆からず」
事前調査をしっかり行いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業28年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。