株式会社ぺいじず

2020.06.24

Movable Type:不要なHTMLを出力しない

Movable Type(MT) や PowerCMS のテンプレート作成時、特定のカテゴリ一覧や記事、コンテンツタイプのHTMLを出力したくないときがあります。

あまり知られていないのですが、Movable Type や PowerCMS は、アーカイブパスでもタグが利用でき、HTMLの出力を条件分岐できます!
ただし、256文字しか入力できないので、長い条件分岐はできません。

▼ 記述例 ▼

リストアーカイブ テンプレートで、特定のカテゴリ一覧を出力しない場合:

<mt:unless tag="CategoryBasename" eq="foo">%c/%i</mt:Unless>

コンテンツタイプアーカイブ テンプレートで、特定のコンテンツフィールドに値があるとき出力しない場合:

<mt:ContentField content_field="bar"><mt:Else>%c/%f</mt:ContentField>

不要なHTMLのない美しいサイト、みなさまもご堪能あれ!


▼タグの説明▼

MTUnless:
条件分岐タグ。条件を満たさなかった場合に実行する。
https://www.movabletype.jp/documentation/appendices/tags/unless.html

MTCategoryBasename:
カテゴリの出力ファイル/フォルダ名(ベースネーム)を表示する。
https://www.movabletype.jp/documentation/appendices/tags/categorybasename.html

MTContentField:
ブロックタグ。コンテンツデータの各フィールドの値を取得する。
https://www.movabletype.jp/documentation/appendices/tags/contentfield.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業28年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。