株式会社ぺいじず

2017.10.17

Web制作会社の働き方改革

労働力不足を解消するための対応として、政府が進めている「働き方改革
取り組みの中心となっているのは、長時間労働の是正です。

Web業界はみなし残業が主流

とかくWeb業界は長時間労働が話題にされますが、忙しい業界だから仕方がないよねぇで済まされ、あまり問題視されていなように思えます。
多くのWeb制作会社は、残業した時間分だけの残業代金が支払われる制度でなく、みなし残業代金で支払う制度をとっているようです。つまり、この給与体系は「ほぼこの時間分は残業があるよ」ってことですよね。クリエイティブな仕事は能力やセンスの問題があるので能力主義・成果主義ってことにしたいけど、残業があるのが実態ということでしょう。

みなし残業の実態

では、多くのWeb制作会社で採用している「みなし残業」ってどんなものなのでしょうか。
たとえば、「給与25万円、うち5万円はみなし残業代」というような給与体系のことです。言い換えれば、基本給は20万円、月々の残業代金が5万円ということになります。つまり月々33時間(残業25%増で計算した場合)程度の残業時間が既に組み込まれていることになります。

残業がなければラッキーですが、みなし残業の給与体系をとっている会社で残業なしとかはあり得ないでしょ。そして、ときには深夜労働や休日出勤もあるでしょう、その場合はさらに割増が付くはずです。割増が付かない会社はブラック判定です。

つまり残業は何時間?

1日1.5時間残業していたら、平日だけでも30時間は残業となります。ネットでは、常習的に残業がある会社のWebクリエータは月60時間以上の残業があるという記事もありました。毎日3時間以上の残業ということですよね。オーバーした残業代金が全額支払われるならまだしも、みなし残業では結局サービス残業になっているのが現状のようです。

とはいえ、本来36協定で残業時間の制限があるので、それ以上の残業は基本的にはさせてはいけないのです。
[36協定の規定:通常1か月では45時間、1年では360時間以内の残業時間]

会社の努力で残業は減らせる

でも、能力のある人は勤務時間内に仕事を終わらせることも可能。会社もオーバーワークになることがわかっていれば、協力会社に依頼するとか、納期の調整(なかなか難しいですが)をするとかの対策がとれます。全部が全部そう簡単に思ったとおりにはできないかもしれませんが、企業側も努力する余地はあります。だからこそ、働き方改革が必要なのだと思います。

Web制作会社でも当社は残業なし&有給消化

ここから本題ですが、当社ぺいじずは、ほぼ残業はなしです。残業が発生したときは100%支払います。

月々の残業は数時間

もちろん完全0時間ではありませんが、月の残業時間は1桁です。
ぺいじずでは、ほとんどの場合で定時出社&退社。一応フレックスなのですが、某団体のヘルプデスクをしている関係上9~5時は基本コアタイムになっています。残業は極力しない方針なので、その意味ではWeb業界だけど長時間労働にはなっていません

でも基本クライアントの納期に合わせなければなりませんし、2月や3月の期末にはさすがに残業が40時間程度になるときもあります。そのため1年中定時に帰れるとは限りません。でも平常時の残業時間は月数時間です。この数年は、年間を通じて何十時間も残業があったことはありません。

退社後の時間は、勉強、エクササイズ、読書、デート、趣味など自分の時間として活用した方が、次の日の仕事にもプラスになると思います。

有給取得の奨励

ついでに言うと、ぺいじずでは有給休暇の消化率も悪くないです。100%消化には至っていませんが、週一回に行うスケジュール調整では「今月は〇〇さんはまだ有給を取っていないよ」って有給消化を奨励しています

ぺいじずの働き方改革とは

社員の中には、もっと仕事をしたい、残業代で稼ぎたいと思う人がいるかもしれません。
「残業はない」ではく、残業したいという人にも対応するといった多様な要望にも応えるのも働き方改革かもしれませんね。

現在当社では、一緒に働くメンバーを募集しています。
志を共にするあなたのご応募を、心よりお待ちしております。
採用情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事