株式会社ぺいじず

2016.09.02

ゲームに見るAR(拡張現実)とVR(仮想現実)

AR(Augmented Reality:拡張現実)やVR(virtual reality:仮想現実)はよく耳にすることがある言葉ですが、概念的には知っていても体験しないとなかなかその実態は理解できないですよね。

ARの代表格 ポケモンGO

このARとVRは、ゲームの世界では既によく使われています。今ブームのスマホアプリのポケモンGO、ここで使われている技術がARです。周囲の風景にデジタル画面が重なって表示されています。まるで現実の世界にポケモンが入ってきた感覚です。皆さんもこちらは経験済みの方が多いですよね。

ヘッドセットを使ったVRは臨場感がすごい!

この逆がVRで、デジタル世界に自分が入り込む技術です。スマホアプリでも3Dや、ゲーム内で全方位に視点変更が可能だったりしてゲームの中に入り込んだ臨場感を感じることができます。
さらにもっと臨場感があるのが、ヘッドセットを使用したVR。ヘッドセットを通して仮想の世界に再現された世界を体験するのです。こちらは完全に仮想の世界に没入するので、まさに仮想の世界を体験をすることができます。
かく言う私もVR未経験なので、近いうちにジョイポリスでVRゲームに挑戦してみたいです。

AVの画像引用:ジョイポリスZERO LATENCY VR YouTubeより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事