株式会社ぺいじず

2020.09.02

WordPress:ドメイン変更時、wp-config.php に一行追加するだけでログインできるようになる方法

WordPress のデータはシリアライズされているため、移行には「All-in-One WP Migration」や「Search Replace DB」などのプラグインやツールを利用するのが一般的です。

ですが、諸事情により使用できない場合、wp-config.php に下記の一行追加するだけでログインできるようになります。

define('RELOCATE',true);

▼参考URL
https://ja.wordpress.org/support/article/changing-the-site-url/#%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97

実際の手順

【1】
データベースを移行します。
※置換の必要はありません。

【2】
ファイル一式を移行します。

【3】
wp-config.php を編集します。
・データベース情報を適宜修正
「編集が必要なのはここまでです !」という行の直前に「define(‘RELOCATE’,true);」を追記

【4】
管理画面にログインし、「設定 > 一般設定」の「サイトアドレス (URL)」を変更します。
※「define(‘RELOCATE’,true);」は、「WordPress アドレス (URL)」しか変更されません。

【5】
wp-config.php を編集します。
・「define(‘RELOCATE’,true);」を削除

【6】
管理画面から、旧URL を適宜修正します。
(弊社はサイトルート相対パスで記載しているので、この作業は行っておりません。)

※GUID を変更する・しない問題がありますが、RSS を利用していないサイトだったので、ママにしています。

正直この方法は緊急事態対応だと思いますが、覚えておいて損のない方法だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業28年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。