株式会社ぺいじず

2015.08.04

2020年のコールドデータ量

コールドデータとは

FacebookやInstagram、ブログなどのSNS、誰しも一度はやってみようと思ったことがあるかと思います。やり始めたけど途中でやめてしまって、いまやアクセスもしない…このような、ほとんどアクセスされない死んだデータをコールドデータといいます。これらのデータはいつまで保管されるのでしょうか?

データセンターにある膨大なコールドデータの活用は?

企業サイトでのアーカイブやアクセス情報などにも、時間が経つとほとんどアクセスされないコールドデータが存在しています。インターネット上やデータセンターにこのようなコールドデータが山ほどあります。2020年には、2015年の4.5倍の9000エクサ(100京)に膨らむといわれています。もう、あまりに桁が大きすぎて、容量がかえってわからない。
こんなコールドデータでさえ分析することで新しい考察が得られるといいます。個人的には不要なデータは自動的に消されてほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加