株式会社ぺいじず

2016.04.04

拡大する「ランサムウェア」被害。セキュリティ対策のポイント

満開の桜もと、新入社員、4月の人事異動とあたらしいスタートの始まりです。
何かと新しい情報が行き交う4月ですが、情報セキュリティにも一段と注意しなくてはいけない季節でもあります。
この頃、ランサムウェアの感染が拡大してきています。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

[ランサムウェア] とは、パソコン内のファイルを勝手に暗号化し、読み取れない状態にしてしまう不正プログラムのウイルスです。

不審なメールから感染

ランサムウェアの多くは、メールの添付ファイルに潜んでおり、ファイルを開いたことにより感染します。
感染すると、パソコン上のファイルの拡張子が変わりファイルを開くことが出来なくなります。
ファイルの拡張子が[locky][vvv]等の拡張子に変更されてしまいます。
※ 不審な添付ファイルは開かないように、新入社員に注意を促してください。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

一方、メール本文中のURLにアクセスすることで感染することもあります。
メールに記載されているURLのWebサイトが、ランサムウェアに感染するように細工されていて、パソコンのソフトウェアに脆弱性がある場合、感染することがあります。
これを防ぐには、パソコンのOSおよびソフトウェアを常に最新の状態に保つことが重要です。

MyJVNバージョンチェッカ

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、パソコンにインストールされているソフトウェアが最新の状態であるか確認できるツール[MyJVNバージョンチェッカ]を提供しています。

MyJVN バージョンチェッカ

これを活用して、現在使用しているパソコンのソフトウェアバージョンを常に最新の状態にすることで、ウイルスの感染を防ぎます。
※ 新しいパソコンを使用する時は、必ずチェックしてください。

MyJVNバージョンチェッカで確認できる対象製品名は、下記の通りです。
>> ~*~*~*~*~*~ <<
Adobe Flash Player
Adobe Reader
Adobe Shockwave Player
Lhaplus
Mozilla Firefox
Mozilla Thunderbird
QuickTime
Lunascape
Becky! Internet Mail
OpenOffice.org
VMware Player
>> ~*~*~*~*~*~ <<

バックアップの取り方にもご注意を

ランサムウェアに感染する前に、事前の対策として、データをバックアップしておくことも重要です。
但し、バックアップの取り方にも注意してください。

ランサムウェアに感染すると
[パソコンに接続していた外付けHDDのファイルも暗号化された]
[ネットワーク上のファイルサーバに保存していたファイルも暗号化された]
という被害報告があります。
このため、バックアップに使用する装置・媒体は、バックアップ時のみパソコンと接続することが重要です。

>> ~*~*~*~*~*~ <<

セキュリティ対策をご検討の方は、是非、PAGESへお声をお掛け下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事