株式会社ぺいじず

2018.09.05

ソフト不要!Windows10をグレースケール表示にする方法

こんにちは!まつさんです。

制作物のレイアウトや、ディティールを確認をする時に、グレースケールで確認すると、情報量が少なくなり、分かりやすくなることがあります。
そんな時に、便利なウィンドウズの機能を発見したので、その紹介です。

Windows10をグレースケール表示にする方法

スタート→設定→簡単操作→カラーフィルターの順で、設定できます。
ショートカットは スタート+ctrl+c です。

PCの画面全体がすべてグレースケールになります。
グレースケールで確認することで、文字のコントラストも確認することが出来ます。
また、グレースケール以外にも、3タイプの色覚異常が確認出来ます。

グレースケールで確認するメリット

ユニバーサルデザインの観点からみると、文字のコントラストを確保することで、多くの人の色覚と異なる色覚特性をもつ方に配慮したデザインを制作することが出来ます。
日本で多くの人の色覚と異なる色覚特性をもつ人は、男性の20人に1人、女性の500人に1人で、全体では300万人以上いるとされています。

多くの人の色覚と異なる色覚特性をもつ人が女性より、男性に多い理由として、色を感知する染色体の数が女性は2つあり、一つに異常がでても、もう一つあるので大丈夫なのですが、男性には一つしかない為だそうです。

イラストレーターでグレースケール表示にする方法

因みにイラストレーターでも一時的にグレースケールで確認できます。

(表示→「色の校正」の設定をON
表示→校正設定で「カスタム」を選び、「Dot Gain 」か「Gray Ganma 」を選ぶ)

以上、すこし脱線しましたが、グレースケールで確認する方法でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

株式会社ぺいじず

私たちは、東京都千代田区で創業26年のWeb制作会社です。
長年のマニュアル制作で培われたライティングスキルを活かし、効果的なWebサイトをご提案しています。